Click Here!
バラエティー豊かな『ナチュラルチーズ』は【ナチュラルチーズ専門店】へ!

らくらくパーティ >ワインで投資ができるか

ワインで投資ができるか?希少価値とコストパフォーマンス

たまーにワイン投資のようなファンド物件があったりします。
高いワインでも製造時は安く、ビンテージ化すれば、大もうけという考えもあるようですし、せどりのように安く買って、オークションで高く売るという方法もかるかと思いますが、そもそもワイン投資で、どれくらいのパフォーマンスがあるのでしょうか。

一般的に、消費市場が大きく、提供数がすくなくなればなるほど価値が上がっていくのは定説となります。

ところで、ワインの価格はどうなっているのでしょうか

■格付けワイン等の価格
例えばフランスワインのボルドーとかブルゴーニュにしても、同一地域なら値段と旨さは2万円位迄は(以前は1万円位)比例するが、これ以上は需要と供給とか、希少価値に左右され、値段の割に得るものは僅かなものと思います。 視点は違いますが、ボルドーのクリュークラッセ格付け1級のワイン(ヴィンテージイヤー'89、'90)が市場に出たときに1万円で購入したとしましよう、これを今購入した場合5倍以上はすると思います、自分のワインセラーに入っているものならもったいなくて飲めなくなり保管継続、いずれは飲んで大感激となるでしょう、しかし5万円以上も出して購入する気にはなりません。

ボルドーのクリュークラッセ格付け1級のワイン(ヴィンテージイヤー'95)は現在では、1万円では買えず、3、4万円はするでしょう、これこそ需要と供給(先物買いで希少価値)の問題です。2000年のボルドー(特にメドック)は1982来のヴィンテージイヤーで、先物市場で高騰しており先物買いでも3、4万円以上するようです。

このような偉大なワインは飲んだという満足感のみであるのなら淋しいかぎりです、値段の割に得るものが少なくなってきています。また、ワインには当たり外れが非常に多く、あの有名なロマネコンティでさえ、飲んで見なければ分からないものです。 ワインは、保存が非常に重要なのですが、稀に非常に古いビンテージワインは飲まないことで価値があるため、保存状態は価値にあまり影響しません。

ワインはよほどのビンテージでないと値が上がらないので、価値が上がるころには、お年寄りになっているかもしれません。 ワインは非常に投機性が高いのかもしれませんが、そもそもその様なビンテージワインは数が少ないので、ワインを楽しむ範囲を越せないのかもしれませんね。どうやら普通に販売手数料を稼いだ方が儲かるといえますので、オークションで販売するならOKということでしょうか。

スポンサードリンク
 らくらくパーティ >ワインで投資ができるか

Copyright 2005 らくらくパーティ  管理人:たつや All Rights Reserved.
当サイトはリンクフリーです

ガンダムSEED DESTINYで行こう/おうちのでかたまごっち倶楽部/男のアンチエイジングネットで副収入/おうちのでかたまごっち好き〜販売情報〜/
大人の休日、高級ホテルでバカンス/こたつから株・為替投資〜借金返済救済ブログ♪